【スポンサードリンク】  -  

弦高調整

エレキ・ベースを弾く人でも、初心者のうちは弦高はあまり気にしない人が多いです。

しかし、たかが弦高とあなどるなかれ。

ほんの少し弦高を下げるだけでも、驚くほど弾きやすくなるものです。

 

pic36.jpg


エレキベースの弦高は、写真のように、12フレット付近で計ります。

 

できれば、0.5mm以下の単位で計れる定規がおすすめです。


弦高を計る前に、ネックが反っていないか確かめることも重要です。

ネックが大幅に反っている場合、いくら弦高調整をしても意味がありません。


一般的なエレキベースの弦高は、出荷時の状態で

4弦が2.5mm~3mm、1弦が2mm程度に調整されています。


このままでももちろん演奏はできます。

しかし、せっかくですから一度自分に合った弦高を探してみましょう。


弦高調節のやり方は、それぞれのモデルによって様々ありますが

たいていの場合は、サドルにあるネジを回すだけで弦高調整ができます。

 

pic37.jpg


ブリッジサドルには、弦高調整とオクターブチューニング用のネジがあります。

 

間違えないようにしましょう。


また、弦高調整用のネジが左右に2つある場合は

左右の高さが同じになるようにしましょう。


弦高が高いと、弦の張力が強くなり、音に張りが出ます。

その反面、おさえる指の力がより必要になります。

また、 弦がフレットから遠くなりますので、音がシャープしやすくなります。


弦高が下がると張力が減り、フレットに近づきますので、弾きやすくなります。

生音から音の張りが少し減りますが、アンプに通すエレキベースの場合

それほど気にする必要はありません。


あまり弦高を下げすぎてしまうと、弦のビビリの原因になります。

目安としては、1弦が1.5~2mmくらい。

4弦が2.2~2.8mmくらいです。


いろいろと試してみて、弾きやすさと音のバランスが

自分にとって一番心地良いと感じる高さを見つけましょう。


弦高調整をした後は、多少ネックと指板上のバランスが崩れます。

ネックの反りやオクターブチューニングをもう一度確認しましょう。

スポンサードリンク

メンテナンス 関連ページ